先輩社員インタビュー interview

最先端のAV機器システムに関わる、刺激的な毎日。

放送局向けやイベント展示会向け映像・音響システムの営業を担当しています。
普段の業務では、お客様からご依頼をいただいた後、現場を確認してご希望の機器・システムを伺い、設計部門へつなぎます。その際、営業の大切な仕事はコスト面の折衝。人手が足りない繁忙期には、現場監督に入ることもあります。

これまでのキャリアで印象に残っているのは、放送局の中継車システムを担当したこと。中継車とは、スタジオそのものが凝縮されて車に載っているようなもの。限られた車内空間の中でいかにシステムを組むべきか、弊社技術担当から課題を日々ピックアップし、お客様と相談して解決しながら、ハイスペックなシステムを構築していきました。

現在は大手電機メーカーの高精細ディスプレイに発売前から携わっており、設置方法などについて意見を求められることもあります。新発売前に実施されるイベントにも関わり、ベルリン・ラスベガス・北京・ロンドンと月1回は海外出張へ。たくさんの大型ディスプレイを重ねて美しい映像空間を創り上げることはもちろん、客先の社員の方々に設置方法を研修するなど、AV機器業界における最先端の仕事を体験しています。

弊社が大企業の仕事を数多く請け負えるのは、1973年の創業以来、日本を代表する大手電機メーカーや放送局と深くつきあってきたから。また、同業他社の中では企業規模が大きく、社員数や協力会社数も多いため、大規模案件や緊急案件にも対応できるからです。社員同士の連携がうまくとれていること、フットワークがよいことも弊社の強みだと思います。

最新のAV機器に携われるのは、映像や音響が好きな人間にとってこの上ない喜びです。ただし、最上位機種を扱いますので、普段から勉強は欠かせません。技術的に難しい案件も多いですが、前向きにチャレンジできる人、新しい発想を仕事に採り入れ、当社の可能性を広げられる人と仕事ができるのを楽しみにしています。

  • 最先端のAV機器システムに関わる、刺激的な毎日。
  • 最先端のAV機器システムに関わる、刺激的な毎日。
  • 最先端のAV機器システムに関わる、刺激的な毎日。

ひとつのシステムに一貫して関わり、自らの想いで案件を動かす。

大学や小中高校など、「文教系」と呼ばれる分野のAV設備設計・施工を担当しています。とりわけ大学では教室にプロジェクターやスクリーン、それらを操作する操作卓を設置する事例が多く、授業のライブ配信システムなどを取り扱うこともあります。

仕事の流れとしては、まずお客様のご要望をお聞きした上で設計図面を起こし、何度も打ち合わせを繰り返します。おおよその仕様が固まったら施工がはじまりますので、現場監督として工程全般を管理。その間、お客様との細かな調整や協力会社への職人の手配なども随時行います。要するに、「工程をスムーズに進めること」「現場の職人に的確な指示を出し、スケジュールどおりに工事を進めること」が、私の業務のキモと言えます。

文教系の仕事の場合、春休みや夏休みなどに工事が集中し、1日に現場を3件回ることもあります。とくに新築物件に設置する場合は、まだ建物ができあがっていない段階からゼネコンやお客様と打ち合わせを重ね、最適なタイミングで設備工事を行わなくてはなりません。ある日突然、「もうすぐ天井が塞がるよ」と現場から連絡が入ることもあり、柔軟な対応が求められます。

もちろん、やりがいを感じることも多々あります。例えば、当社は設計~施工~保守を一貫して請け負っているため、ひとつのシステムをトータルな視野で見ることができます。自分がよいと思える機器をお客様へお勧めして採用されることもあり、「これ、いいね!」とお誉めの言葉をいただくと励みになります。

入社したばかりの新入社員の場合、仕事を覚えるまでは大変でしょう。しかし、AVシステムに対して自分なりの考えを持てるようになると、案件をコントロールできるようになり、俄然仕事が面白くなります。そのためにも自ら能動的に動き、自分なりのイメージを持って仕事を進められる人が理想です。

  • ひとつのシステムに一貫して関わり、自らの想いで案件を動かす。
  • ひとつのシステムに一貫して関わり、自らの想いで案件を動かす。
  • ひとつのシステムに一貫して関わり、自らの想いで案件を動かす。

社内研修でみっちり学び、将来はAV機器のスペシャリストへ。

10代の頃から「鳴り物が好き」で、大学ではサウンド関連のメディア学部を卒業しました。サンエイテレビへの入社を決意したのは、面接で「大手電機メーカーの仕事を多く手がけている」と聞いたからです。そのメーカーは鳴り物好きの私にとって、長年のあこがれの存在。映像だけでなく、音響システムにも携われるはずだと考えました。

入社後は、社内の各セクションリーダーによる技術研修を3ヶ月間みっちり受講。社内で作成したマニュアルに基づき、講義や実技指導を受けました。大学ではおもにレコーディングや映像制作などを学んでいた私にとって初めて知る内容がほとんどでしたが、初心者を一人前の技術者に育成する制度は整っていると感じました。研修修了後、先輩について現場に出るようになりましたが、当初はもちろんわからないことだらけ。しかし、先輩方に質問すれば、なにかしら答えが返ってくるのは、40年以上に渡る知識やノウハウが社内に蓄積されているからだと思います。

現在担当している業務は、AV機器の調整作業です。大型の設備・システムの場合、つながっているAV機器は数十台に上ることもあります。システムが設計どおりに稼働するためには、各機器がシステムに合う状態になっていなければならず、そのチェック作業はお客様にお引渡しする前の「最後の砦」。

万一、システムが思うように稼働しないときは配線関連を調べた上で設計担当に相談するのですが、技術面においてもユーザビリティにおいても調整作業には機器の機能への深い理解が必要です。弊社が手がけるAVシステムは、機器の組み合わせ・配置・設計思想など、すべてオンリーワンのものばかり。オンリーワンのシステムに関わる現場をどれだけ楽しめるか、いつも自分に問いかけています。

近い将来の目標は、2020年東京オリンピックの仕事に携わること。
これからも勉強を重ね、会社に貢献できる人材になりたいです。

  • 社内研修でみっちり学び、将来はAV機器のスペシャリストへ。
  • 社内研修でみっちり学び、将来はAV機器のスペシャリストへ。
  • 社内研修でみっちり学び、将来はAV機器のスペシャリストへ。